fc2ブログ

ロシア語自習室

ウェブリブログから引っ越しました。PC表示にすればタグ検索できます(タグ設定作業中です)

17

<トゥクタミシェワはファイナルへ行く>アレクセイ・ミーシン

読みにくい訳ですみません。。
去年はファイナルに進出したものの、その後のロシア選手権でうまく行かなかったので、今年は出る必要は無いようなことを仰っていたミーシン教授ですが、やはり出るそうです。今年は例年以上に「読めない」感じですが、ソチの会場も含めてとても楽しみです!



モスクワ 2012年11月26日
P-Sport アンドレイ・シモネンコ


ミーシン
トゥクタミシェワ選手は必ずグランプリ・ファイナルへ行く


 (前文略)

 「リーザ(※エリザヴェータの愛称)は間違いなくグランプリ・ファイナルに出場する」とミーシンが電話取材に答える。「昨年は、グランプリ初戦で優勝し、つづいて第2戦で優勝し、そして彼女のポケットに事実上お菓子が入ってしまったところで、意思の力と生命エネルギーの貯えが尽きた(※甘いものの誘惑に負けてしまった?)。今年は、彼女の身体と意識の変化に非常に満足している。リーザは少女から女性へと変化しており、今回我々が示した結果は非常に大切だ。この先、女性の身体的成長の道理に沿って、困難が去ってくれることを願っている」


 コーチ曰く、トゥクタミシェワの年齢による身体的変化は、テクニックには影響しなかった。


 「ほんの少しの身体的変化でトランプタワーのようにバラバラになってしまうテクニックもあるが、我々のグループでは、生体力学的に根拠あるテクニックを植えつけるよう努めている」とミーシンは語る。「その最も良い例がエフゲーニー・プルシェンコだ。もし彼が他の多くの選手たちのように、1つの誤りを2つ目で、2つ目を3つ目で補っていたならば、この相互補完の構造は、ベストコンディションからの逸脱に伴って(※太ってしまった時に?)崩壊していただろう。さらに、いま我々のグループでは若いスケーターたちが成長しており、そのうち何名かは12歳でトリプルアクセル-トリプルループのコンビネーションジャンプを跳ぶ。特にアレクセイ・クラスノジョンは先日、このコンビネーションをロシアカップで跳び、非常に強いメンバーの中で3位に入った」


 外国勢がときおり過分な点数を得てはいるものの、それでもトゥクタミシェワはグランプリ・ファイナルで上位を狙って戦うとR-Sportの取材相手は請け合う。


 「たとえば、日本のマオ・アサダが母国開催のグランプリ大会において、フリープログラムで3回転ジャンプを2つ跳び、高得点を得て1位になるような場合は、戦うのが難しくなる」とミーシンは言う。「結局のところ、採点をより客観的なものにしようと国際スケート連盟が行っている取り組みは、ときに狂うということだ。私は愚痴をこぼすコーチには属さないが、しかし、技術面と美的側面との得点はバランスが取れているべきだと思う。選手の真の技量ではなく、その選手がフィギュアスケート界にいる時間の長さが構成点に反映されることがしばしばある。このような情勢を考慮すると、ある種の不安が生じる。だが、それでもやはり戦わなければならないし、練習を積み、より完璧なものにせねばならない」

 フィギュアスケートのグランプリ・ファイナルは12月6日~9日、ソチで行われる。



<原文>
http://rsport.ru/figure_skating/20121126/632822063.html



<自習メモ>
Силы оставили его. 彼は力が尽きた
Сознание оставило её. 彼女は気を失った
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

みぃさん
NHK杯のフリーではあまりにジャンプの失敗が多かったので、もやもやしている人が多いのでしょうね…何年もかけてSSを磨いてきた点は、評価されて当然だと思います。


minuさん
すぱしーばさんが仰るとおり、ミーシンコーチはFSのことを言わていると思います。それにあくまで「例えば」という前置きが付いてますし…
トゥクタミシェワはいま体形変化の時期で大変なので、それで去年のプログラムに戻したのかも。


るしーさん
なるほど、写真判定ハナ差以下ですか(笑)。そうですね、選手でも関係者でもない私が、いつまでももやもやしていても仕方ないので、絶賛応援モードに切り替えたいと思います。とにかく、まずはリーザの病気が早く治りますように!


Siriさん
私もカートの見解、読みました。ロシアのファンサイトの意見なども。いろんな見方があっておもしろいですよね。素人翻訳ですが、フィギュアスケートを楽しむ材料にしていただければ幸いです。


ロシアンLOVEさん
熱く熱く語っていただきありがとうございます^^
ガチンスキー君もリーザも、そしてロシアのジュニア選手たちも、姿勢がきれいで、所作が美しくて、小さいころから個性があって、私も大好きです。タラソワさんのプログラム、どれも素敵ですよね。特に音楽の使い方・解釈が素晴らしいと思います。「鐘」には脱帽してひれ伏してしまいました。
タラソワコーチもミーシンコーチも、ソチ五輪が終わったら一線を引かれるのかも?と思うと寂しいですが、ボルチコワとかブチルスカヤとかホフロワとか、若いコーチもどんどん出てきてほしいです。

No title

ロシアンジュニアも見るのですが、皆さん本当に小さな頃から美しい所作で驚嘆しています!!タラソワさんの白鳥ステップにしても、バレエに忠実ゆえに、いつもよりディープエッジにできなかったりしますよね。やはり、芸術とスケーティングの完璧な両立というのは、不可能なんじゃないかしら…なんて思ってしまったり。

でもそんなタラソワさんの芸術における美学、真央ちゃんのロシアン鬼ステップがやっぱり大好きなのです。

そんなこんなで自分のなかでいろいろ葛藤しつつ、この美しいスポーツを楽しんでいます。長々と失礼しましたが、管理人様、これからもブログ楽しみにしております。

No title

アヴァンギャルドな芸術。まさにッ!!ですよね。そこが、やはりロシアンの魅力です。

ガチンスキーのジュニア時の、ナルキッソスを表現したアダージョが、もう一番のお気に入りなのですが、本当に彼にしかできない美しい演技だなぁと思います。今シーズンのFSも、滑り込めば彼らしい作品になるとワクワクしていたので、昨季のものに戻してしまって残念でした。やはり芸術とジャンプとくれば、基礎の底上げ。総合力で負けてしまうと、歯がゆくなってしまいます。個人的に、ガチンスキー選手はSSがつけば無敵!!と思っているのでッ(*^^*)、全力応援するのみです。

リーザにしても、上体の美しい演技と共に常に漕いでいる足元が気になってしまいますが、個性があって、素敵な選手だと思います。
続く

No title

またまたコメントすみません。

管理人様、全く同感です!!
私も、Pちゃんには新しいものを…と思います。もしかすると、今シーズンがそうなのかもしれませんが、私にはまだスケーティングと技術に魅了されますが、表現は響いてきません。好みの問題かもしれませんが…。
今シーズンのコルピ選手のSPは大好きで、SSとフットワークを更に磨いてきたのが一目瞭然で本当に素晴らしいです。

かつてシニアデビューの真央ちゃんが、3F3Lo 3Lz でもSPで一位になれなかったことや、SPFS揃えて優勝できたことがあったように、若手には、自分の最難の技術に挑戦しつつ、まだ至らない技術を地道に極めていく、というのも大切なことだと思うのです。

続く

No title

ミーシンコーチはフリーについて言われてます
さすがにあの完璧な滑りをしたSPを貶す方ではないです

真央は3-2ですがその他スピン、ステップで差を付けてますし後半にステップからの3回転を跳んでます
PCSが同じになるはずはありません
ロシア期待のリプ二ツカヤはスピンが誰よりもすばらしいからそれで差を付けてますしそういう事だと思います

No title

いろいろな見方ができるのが面白いと一歩引いて考えるのがいいかなと私は思ってます。
カート・ブラウニングは「明子が優勝であるべきだったと思う」と言いつつ、採点システムには一定の理解を示し、浅田選手のスケートもとても良かったとほめています。
ミーシン先生やカートの物の見方、意見の言い方、それぞれ魅力的でした。管理人様、翻訳ありがとうございました。

専門家でもいろいろな意見があるので、ましてや一ファンはせめて謙虚に意見を言ってほしいかなと思います。「もやっとする」とかはいいと思うのですが、「SSも二流でステップが際立たない」などど「断言」するのはちょっと…。私はコルピのステップ、とても魅力を感じています。一部のファンは愛情が強すぎて、他の選手をののしったりしていて、そういうのを見ると残念でたまりません。

No title

皆さんもやっとされてるんですね。私は勝敗についてはそんなには思わなかったですね。
素晴らしかったので、これはアッコちゃんが勝ったなあとは思いましたが、でもどうせeが付いてるだろうし、回転足りなかったみたいだし、何より去年ほどのスケートの良さをどうも感じなかったので、結果写真判定ハナ差よりもきわどい差・・、まあ納得できました。ルールですからねえ。
色々難しい完成されていない採点方法ですよね。

先生はやる気満々ですね。リーザちゃんがんばれ!
チョコレートはちょっとだけよ!

No title

ミーシンはSPの事を言っているかと思いますが…実際三回転二回で今シーズンの最高得点…。
3Lz+3T入れて三回転三回でも今季なし得ない点数を出した浅田真央に憤りを感じているのでは?
実際中国杯でのMAXは66点位と思っていましたが、ファンスパイラルからの2Aは見事ですし、他の選手も同様にやれば加点つきますよ?って見本では?エキシビションでは後半に浅田真央は入れてるので、他の選手も後半でやれるのでは?PCSが同等ならば…。
エリザベータ・タクタミシュノワのSPを去年のプログラムに戻してしまう辺りが残念でしたね。
去年の方が良かった分、残念でした。

No title

14~16才のリンク使いも小さく、スケーティングスキルも
稚拙な選手が、エリックでいきなり7点台中盤~8点台弱がついたりしてるのを見ると、それこそ勘弁してよと
思いますけどね。

実績ではなく何年もかけてSSを磨き安定したPCSの評価を得るようになってきた選手とわずか3点とかしか違わない方が酷というか。
N杯の結果はスピンステップが全てレベル4で、特にステップなどGOEでも最高評価をもらっているので、
そういう点は抜きにして語られてるのも残念です。
ワグナーやコルピなどSSも二流でステップが際立たない選手もPCSが盛られて一流扱いなので、そういった選手と真央などを一括りにしてしまうのはホント酷いというか。
まあ、もうソチ五輪に向けて牽制がはじまってるんでしょうけど。

No title

すぱしーばさん
コメントすぱしーばです。こなれない訳ですみません。。
なるほど、ミーシンコーチはエリック杯のときも「リーザが1位になるべきだった」とは仰ってましたが、アシュリーの名前は出さなかったですもんね。真央ちゃんのことはやっぱり言いやすいんでしょうか…
教授を黙らせるような、そして何より真央ちゃん自身が納得のいく演技を早く見たいです!


しおどんぶりさん
私も、もやもやが残りました。でも今回に限ったことではないので、採点システムを根本的になんとかしてほしいです…


ベレズナヤ選手サイコーさん
私もベレズナヤ大好きです!トゥクタミシェワも大好き。ブログはマイペースで長く続けていきたいと思っていますので、こちらこそこれからもよろしくお願いいたします。


ロシアンLOVEさん
どちらかというとスケーティングよりもジャンプに、スタンダードな美しさよりもアヴァンギャルドな芸術性に重きを置いてきたロシアンたちにとって、今の採点方式はなかなかに辛いものがありますよね。リーザにはもっと大きくリンクを使ってほしいし、ガチンスキー君にはもっと伸びやかな滑りをしてほしい。でも、逆にPチャンには何か新しくて面白いものを見せてもらいたい。そう思います。
とにかく、ファイナルが待ち遠しいですね!みんな悔いの残らない演技ができますように。ロシア選手権も楽しみです!!

No title

採点競技は人それぞれ感じ方が違いますよね。私はトゥクタミシェワ選手の滑りが大好きです。ベレズナヤ選手以来久しぶりに感動した選手です。管理人さんこれからも楽しみにしています。

No title

ミーシンコーチ言いますね~。
確かにN杯はちょっともやっとしましたが、浅田選手に関しては久しぶりの妥当な採点ですしね。

やはり、若い選手はジャンプが売り。リーザもジャンプ意外では、トップ選手に太刀打ちできないなと思います。スケーティングや伸びに関しては、ジュニアの時の浅田選手より劣っていますよね。

やはり、リーザにしてもガチンスキーにしてもそういうところを強化してほしいなと切に思います。特にガチンスキー選手!!彼の美しい演技の大ファンなのでッ(*^^*)

ジャンプもフィギュアの醍醐味ですが、ベテランが、ここまで、基礎をレベルアップしてきているので、やはりここは採点で差をつけなきゃな~とは思います。

とにかく、ファイナルに出る選手たち、調整大変だと思いますが、怪我なくベストが出せますように…。

大好きなアデリナも、ナショナルに向けていい練習ができますように!

No title

トゥクタミシェワ選手が大好きなので嬉しいです。ぜひファイナルでは、もやもやな結果になりませんように。ミーシンコーチさすがです。

No title

NHK杯というと昨年も残念でした
2年連続で優勝者が気まずい思いをする事に
技術点と演技構成点のバランスについても今に始まったことではありません
とにかく真央に関してはsageジャッジが当たり前だという認識になってるのが可哀想だ

No title

ミーシンコーチの言う通りです。
技術点と演技構成点のバランスは必要です。
今回のNHK杯は男女ともに残念でした。

No title

あとミーシンコーチのような方が真央の白鳥を見てPCSに文句を言われるのが信じられない
NHK杯のジャンプがよくなかったからだと思いますが
言及されなきゃならないのは真央ではないと思います

No title

ミーシンコーチもだけど結局真央とか言いやすい選手のときだけしか言及されないんだよね
何だかなぁとは思う
真央はこれまで評価されなさすぎたぐらいなのに
非公開コメント

検索フォーム

Shopping

タグ

プルシェンコ ミーシン トゥクタミシェワ タラソワ ヴォロトラ(ムホトラ,ヴォロモロ) ヤグディン ソトニコワ ランビエル リプニツカヤ ブイアノワ(ヴォドレゾワ) ガチンスキー コフトゥン 羽生結弦 メドベージェワ シニカツ(イリカツ,イリジガ,シニジガ) ニコライ・モロゾフ デニス・テン 高橋大輔 コストナー パトリック・チャン プラトフ ズエワ ヴァーチュー&モイア コリャダ ボブロワ&ソロヴィヨフ 浅田真央 アルトゥニアン デーヴィス&ホワイト トゥトベリーゼ ズーリン フェルナンデス ザギトワ アベルブフ ヴォロノフ レオノワ ポゴリラヤ キム・ヨナ ウルマノフ 団体戦 採点システム メンショフ ラジオノワ ストルボワ&クリモフ チェルニショフ ネイサン・チェン シュピルバンド パホモワ&ゴルシコフ グリシュク&プラトフ 川口&スミルノフ ペトロフ タラソワ&モロゾフ ヴェレテンニコワ ジュベール カザコワ&ドミトリエフ ナフカ&コストマロフ モゼル 安藤美姫 ウクライナ ライサチェク ベルネル ルドコフスカヤ モスクヴィナ 日本 ウィアー ボーヤン・ジン ペシャラ&ブルザ サフチェンコ&マッソ(サフゾル) ザカリアン 紀平梨花 カメレンゴ バザロワ&ラリオノフ ブッテルスカヤ ゲルボルト ピトケーエフ ゴンチャレンコ 宇野昌磨 トービル&ディーン ペア競技 カー姉弟 クーリック ピセーエフ ベステミアノワ&ブキン プーチン 荒川静香 デュハラド(ヴァネラド) マイヤ・プリセツカヤ ソツコワ チェボタリョワ ルール問題 サハノヴィッチ アモディオ スルツカヤ ドーピング問題 ドミトリエフJr. サモドゥロワ 年齢制限 デンコワ&スタヴィスキー シブタニ兄妹 イリヤ・マリニン ゴルシコフ ワグナー ソチ五輪 アボット マカロワ 小塚崇彦 代表選考 大会運営 隋&韓 ルカヴィツィン ペトレンコ 鈴木明子 イシンバエワ ステパノワ&ブキン ミシェル・クワン ゴールド シェホフツォワ ベレズナヤ&シハルリドゼ シチェドリン シェイ=リーン・ボーン サマリン ズミエフスカヤ ロドニナ&ザイツェフ 宮原知子 ウソワ 4A ザイフェルト 宮本賢二 ブラウニング シズニー ペトロワ&ティホノフ クリロワ&オフシアンニコフ クドリャフツェフ リャザトカ(リャザゲレ,トビトカ) ズーク&スヴィーニン プロクロワ コーエン エンベルト リピンスキー ボブリン ジガンシナ&ガジ カッペリーニ&ラノッテ ハマトワ シニツィン ホワイエク&ベイカー サレー&ペルティエ ウィーバー&ポジェ ピサレンコ ナゴルニフ モイセーエフ クワン ブレジネフ ディアナ・ヴィシニョーワ エドモンズ カリン・カダヴィ イリモス(イリマイ,ムーモス,ムーマリ) ウィルツ&サージアント ゴルデーワ&グリンコフ クリモワ&ポノマレンコ コンドラチュク カタリナ・ビット オーサー クームズ&バックランド アメリカ トゥルシンバエワ ラズキン 彭&張(彭金,于張,于金,張張) ジェームス&シプレ J・ブラウン ナテッラ・ディンゼ モロゾフ ワシリエフ ビチェンコ プロコフィエワ 島田高志郎 トゥルソワ マクシム・マリニン シェイ=リーン・ボーン デュブレイユ&ローゾン トットミアニーナ&マリニン サン=サーンス ホフロワ&ノヴィツキー ウサイン・ボルト マイケル・フェルプス オズモンド 町田樹 ロシェット リッポン ナン・ソン ジャン・ブッシュ コロベイニコワ メッシ ワリエワ アカチエワ サッカー フレミング 村上佳菜子 ブレジナ フース クラスノジョン コルピ アルテミエワ フィギュアスケート ローリー・ニコル アニシナ&ペーゼラ バトル ドゥボワ リニチュク&カルポノソフ スポーツ省 村元&高橋 フランク・キャロル エルドリッジ ルナ・ヘンドリクス フーザル=ポリ&マルガリオ ストイコ チンクワンタ レヴィト クズネツォワ ラケルニク ガイネトディノワ&ビッチ 

カテゴリ

QRコード

QR

月別アーカイブ